好きな仕事を辞めたくなる時

【 好きな仕事を辞めたくなる時 】


アパレル企業でも、
様々な研修制度が設けられています。

お客様への言葉遣い、お店での立ち居振舞い、
身だしなみ、トレンドヘアメイク、
商品のおすすめの仕方、
対お客様に向けたコミュニケーションスキルなど、
研修は多岐にわたります。


学んだ事を実践すべく、
折りにふれ、各地で接客コンテストなども行われます。

近年ではもっとお客様に満足して頂こうと、
パーソナルカラー診断や骨格診断などの
資格を取得される方も増えています。

インターネットが普及し、
いつでも画面上で物が買える時代になっても
「直接お店に行って買い物がしたい!」
という方がいらっしゃるのは
こうした販売員の方の日々の努力によるものだと思います。


一方、店舗内に向けての
コミュニケーションはどうでしょうか?


チームビルディング研修やリーダー研修など、
その多くは
チームリーダーや店長に向けたものです。

大型店を除き一般的なアパレルのお店は、
一店舗3名~10名程の人員で運営されています。

お客様と接する以外は、
ほぼ店舗内のスタッフで過ごす事になります。



「お客様の満足度を上げたい」
「売り上げを伸ばしたい」と、
大きな目標は共有できていても、

それに向かうプロセスや気持ちまで共有できているでしょうか?

価値観の違う者同士が密に関わる中で出てくる、
小さな不満や要求、欲求が積み重なると
どうなるでしょうか?


私は、アパレル業界で働く方と関わる事が多いのですが、
人間関係についての悩みが
大半を占めているように思います。




ある、アパレル専門求人サイトで
アパレル業界93名にとったアンケートで、
アパレル業界を辞めたいと思った事がある人が
約40%でした。

 https://g-w.st/blog/?p=7934

(引用元 アパレル求人アルバイト情報サイト「GIRLS WOMAN」 )

その内訳は、

給与や休日、待遇がよくなかったから 29.4%
人間関係が悪かったから 25.0%
体力的に辛かったから 9.6%
キャリアアップできないから 9.6%
お客様対応が難しかったから 4.4%
ノルマが厳しかったから 3.7%
その他 18.4% となっています。


これを見ると、「人間関係が悪かったから」が
約25%を占め、

「お客様対応が難しかったから」という理由は、
約4%にとどまっています。



「人間関係が悪かった」とは、

仕事自体は楽しいけれど店長と気が合わなかった、
売り上げ1位になった月に
周囲のスタッフの当たりがきつかった。。。など、
店舗内スタッフとのコミュニケーションが
上手くいかないことが多くの理由となっていました。



お客様に対しての研修だけではなく、
一緒に過ごす時間が長い
スタッフ同士のコミュニケーションも
見直すことが必要かもしれません。


一緒に過ごす時間が多いからこそ、
当たり前にそこにある
店舗内のコミュニケーションを見直し、
環境をより良くしていくことが、
優秀な人材を長期的に確保する事につながり、
ひいては、
お客様満足や売り上げ目標達成への
近道になるのではないでしょうか。


▶︎TCS for company HP
https://tcsforcompany.com

▶︎お問い合わせはこちらから
https://tcsforcompany.com/contact/

TCS for company
縄本美輝

関連記事

  1. 職場のハラスメントを 芽から摘み取るコミュニケーションとは?

  2. 【企業の大敵!社内のコミュニケーション不足】

  3. すべての女性が輝く社会づくりへ

  4. 子ども達へ安心感、先生達へ達成感を。 【ナーサリーコーチング】

  5. 「人間関係」の次に多い離職理由とは?

  6. 部下の「大丈夫です」は危険信号!?